包茎手術でコンプレックス改善

ショック

手術の準備

ペニス増大についての情報をチェックすることができるのはこのサイトです!悩んでいる男性にオススメですよ!

僕は・・・包茎だ。勃起すると亀頭が出てくる俗にいう「仮性包茎」なのだが、先日彼女と別れたときに捨て台詞に彼女に「この包茎野郎め!」と、言われてしまいました。
「包茎野郎め!」なんて、とってもひどい言葉ですよね・・・。日本人男性に包茎で悩む人は多く、とってもデリケートな問題なのに。。。女は全く理解していない。
今まで自分が包茎というのも分かっていたし、特に気にしていなかったんですが、ああいう風に彼女に言われてしまっては気にせざるを得ない。

そして、僕はさっそく「包茎手術」について調べて見ることにしました。
包茎手術は、よっぽどのことが無い限りは受けなくても良いでしょう。と、僕が見たホームページには書いていました。
しかし、恥垢がたまりやすく、悪臭になやんでいたり、それが原因で女性に嫌われてしまっているんじゃないかと考えてしまう人。
性病にかかりそうで不安だ、なんていう人。
そういう人には、包茎手術がオススメされているらしい。

この話を聞いて、僕も悪臭がしていたんじゃないかな・・・と不安になりました。それで、彼女に嫌われてしまったんじゃないかな。

今まで気にしていなかったけど、これを機に包茎手術について色々調べて見ることにしました。

包茎…それは日本人の中でも多くの方が悩んでいるひとつの男性特有の問題だ。
包茎とは何かというと、一般的にはペニスの皮が亀頭にかぶっていて…いってしまえば亀頭が外に顔を出していない状態だ。これを包茎という。
今の世の中は、もしも包茎の男性の場合はバカにされるという風潮がある。実際にこれのせいで温泉にもいけなければ、彼女とセックスすることもためらってしまう人がいる…それはとても悲しいことだ。
なので、今日このサイトではそんなコンプレックスを解消するために包茎手術のことをご紹介したいと思う。

包茎手術…一度は考えたことがあるだろうか。実際に私も長年悩まされた包茎をなおすために手術を行ったのだが…手術前と手術後では本当に気持ちが変わった。
とにかく楽になったのだ。包茎手術をすることで、今まで恥ずかしい思いをしていた自分とはおさらばできるという気になってきた。
世の中には自分が包茎というだけで気持ちが落ち込んでしまい、うつ病直前にまでなる人もいるという…そういう人は、もう渋っていないで包茎手術をしてしまえばいいと思う。

このサイトでは、そんな皆さんの未来を明るくする包茎手術の色々をご紹介するので…ぜひ最後まで見ていってほしい。

選ぶ基準

医療器具

そして、肝心の包茎手術のクリニック選びなのですが、正直、どこを選べば良いのか全くわかりませんでした。
そこで、僕は口コミサイトをみてみる事にしました。

まず、クリニックを選ぶ基準として、怪しい所は辞めておいたほうが良いらしいです。
もちろん怪しいといっても薄暗くて、汚くて怪しいクリニックは誰も選ばないと思います。
そういう意味ではなく、あまりにも安すぎたり、今までの実績が全く無いところは気をつけましょう。

そういった点では、全国的にも展開している大手で受けるのが良いでしょう。
大手では、信頼も実績も兼ね備えています。
口コミサイトを見ていてもいろんな人の手術の感想などが載っています。

やっぱり口コミってとても大事ですよね。
もちろん、人によって合う合わないはあるので、信用しすぎるのも良くないとは思いますが、かなりの参考にはなります。

そして、気になるクリニックがあれば、一度カウンセリングに行ってみたらよいでしょう。
カウンセリングは無料で行なってくれて、自分のペニスがどういう状態なのか、どういった手術内容なのか教えてくれます。
カウンセリング内容が適当な場合は、やっぱり信用できないので、カウンセリング内容がしっかりしたクリニックを選びましょう。

包茎手術をすることで、私はどのような効果があったのか…それをここでご紹介しようと思う。

まずはなんといっても気持ちがとても楽になったということ。これが一番大きい。というのも、やはり包茎の人というのはとても自信がなくなり落ち込みやすくなるのだ。もちろん男性の象徴であるペニスに抱えた問題なのだ…それも無理は無い。
しかし包茎手術をして直したことで…とにかく周りの目を気にすることがなくなった。自分に自信も持てたし、気分も自然と明るくなった。手術をするだけでそれくらい世界が変わるのだ。
そしてもちろんそれだけではない…温泉にもとても積極的に行くようになった。というのも、やはり回りも裸一貫でうろちょろしているのに…自分だけ前を隠してちょろちょろするのはとてもいままで恥ずかしかったのだ。
しかしもうそんなこともする必要はない。堂々と、タオルは肩にかけて歩いてやろうではないか。

また一番喜んでくれるのは彼女だ。やはりそれが気になってセックスをするときもこっちが遠慮をしてしまったりするので…いつもセックスは楽しめなかった。
ただそんな思いをしたのも過去の話。今ではお互いがすぐに裸になり求め合うくらい、裸に抵抗がなくなった。
このような効果があるのだ。やっても損はない。

カウンセリングへ

注射器

そして、僕はもっとも口コミでの評価が良かった、クリニックに無料カウンセリングに行ってみることにしました。
僕が行ったクリニックは受付の人も男性で、クリニックのスタッフさん全員が男性でした。
やっぱり包茎のことを女性のスタッフに相談するのって、すこし恥ずかしいですよね。
症状を上手く伝えられなかったり、ちょっと格好をつけてしまったり・・・。
正直に話さなければいけないのに女性のスタッフだとちょっと照れてしまうので、すべて男性というのはとてもありがたいポイントでした。

そして、カウンセリングもとても丁寧で、相談すればとても丁寧に答えてくれたので、信頼できました。
他のクリニックにも何件かカウンセリングに行ったのですが、初めに行ったクリニックで包茎手術をお願いしようと思いました。

基本的に仮性包茎では、保険が適用されないので、手術費も高くなってしまうのです。
そして、包茎手術ではメスを使って切開などをするので、どうしても失敗する場合があるみたいです。
あまり失敗例を聞いたことはありませんが、やはり存在するということは自分の身に起きてしまうこともあるかもしれないんです。

高い手術費を払って、失敗されては困るので、きちんと信頼できるクリニックを選びましょう。

それでは次に紹介したいのが、なんといっても包茎手術の流れだ。
包茎手術というのは手術の中でもかなり時間が短いものとされる。きっとあなたも想像しているよりも簡単なものなので、ぜひここで内容を知って安心してほしい。

まずは最初に準備をするズボンも下着も脱いで待機だ。そしてまずはしっかりと綺麗にペニスを洗ってもらい、消毒をする。そして次にするのが麻酔だ。
麻酔は基本的には3分~5分程度で聞いてくる。感覚がなくなってきたら、効いてきた証拠だろう。
そしていよいよペニスの余った皮をカットすることになる。カット自体はそこまで時間はかからないのですこし気が楽だ。

カットをし終えた後は、縫合をし…最終的には薬を塗布して、包帯でグルグル巻きにして終わりということになっている。
この手術の時に気をつけてほしいことはなんといっても下着とズボンのことだ。基本的にはやはり麻酔が切れたら痛いので、あまり密着しないゆるいズボンを履いていったほうが良い。
こすれあうと最初のうちはとても痛いと思うので気をつけてほしい。

いかがだろうか。ぜひ皆さんも包茎手術を受けて新しい人生を歩み始めてはどうだろう。きっと世界が変わることは間違いない。
さぁ、あなたも今からお近くのクリニックを検索しよう。

よりよい生活を

女医

そして、いよいよ手術当日。とても緊張しましたが、局部麻酔をしてくれたので、手術中の痛みはほとんどありませんでした。
手術はほんと30分くらいで終了して、「え!?もう終わったの?」って感覚でした。
手術が終わってから、少しずつ麻酔が切れてきたので、ずきずきと痛みました。
しかし、耐えられないほどでの痛みではなく、しかもクリニックで鎮痛剤を貰ったので、それを飲めばだいぶマシになりました。

次の日は休みだったので、一日中安静にしていましたが、少し、まだ痛みはありましたが、その次の日から仕事へ行きました。

僕の手術に使ってもらった糸は自然と溶ける糸だったので、3週間くらいで糸が取れました。
手術後から1ヶ月はセックスもオナニーも禁止だったので、なかなか厳しかったですが、頑張って我慢しましたよ。(笑)

そして、1か月後・・・彼女に改めて告白をしました。
すると、彼女も「ひどいこと言ってごめんね」と、謝ってきて、仲直りをしました。
包茎手術をしたことを言うとすごくビックリしていましたが、それ以来のセックスで臭いに不安を感じることもなく、今までのように早漏で悩むこともありませんでした。

包茎手術をしてよりよい生活が出来ています。

そして包茎とひとことで言っているが、実は包茎というのは一種類ではない。大きく分けて三種類の包茎があるのだ。
そして全ての種類が包茎手術が必要…というわけではなく、その中の二種類が手術が必要なのだ。自分はどの包茎なのか、ぜひここでチェックしてほしい。

真性包茎というものがまずひとつあげられる。これはなにかというと、言ってしまえば包皮がかんぜんにペニスを覆ってしまっている状態だ。この場合は基本的にペニスの中を掃除できないのでかなりばい菌がたまりやすいので
ほうっておいたら病気になる可能性もある。ぜひ手術をおすすめしよう。
そしてその反対で仮性包茎というものがある。これはなにかというと、日本人の男性の半分以上がこれと言われていて、通常は包皮がペニスを覆っているが、自分で剥くこともできるし勃起をした時にはちゃんと剥けるというものだ。
これは手術の必要性は全くない。
そして絶対に手術をして欲しいのがこのカントン包茎というもの…これは中途半端に剥けていて、勃起をした時に強烈な痛みを伴うものになる。これはへたをしたら勃起時に出血することもあるので
ぜひ早めの包茎手術をおすすめしておこう。

それでは次に紹介するのは、包茎手術に関しての押さえておきたいポイントだ。

↑ PAGE TOP